今月の一枚


NOVEMBER


Enchanted by the Moon: 月に見惚れて 色鉛筆画 (C) Mikako Watanabe



澄んだ空を突き抜けて

白い光が地上を照らす・・・

夜の帳に沈んだ彩り

蘇らせて・・・



11月になって

一気に秋が深くなってきました。

また暑さが戻ってくる、というのが信じらないくらいの

冷え込み・・・


さて今月は、いよいよニューヨーク、

(社)国際アートブリッジの20周年記念展です。


会場は、マンハッタン、

5番街と6番街の間♪

チェルシーにほど近いところ。

総勢27名が参加する中、私は、


この展示に向けて描き下ろした

「Enchanted by the Moon: 月に見惚れて」


ちょっと手を入れ加筆した近作

「Heart is Filled with Happiness: こころ満ちたりて」

「Surrounded by Colors: 彩りに包まれて」


そしておなじみ

「Journey around the Villages: 村めぐりの旅」

の計4点


それに、

チャリティ展に出品するミニサイズの原画1点を加えた5点を

出品します。


今回の趣旨は、地域の人達との交流

ということで、

会期中毎日のように、

メンバーが入れ替わり立ち代わり

ワークショップを開催するのですが


会期終盤11/14に

私も色鉛筆画のワークショップを担当。


内容は、赤青黄色の3色でカラフルな魚を描いてもらう、

というもので


普段の教室でやってることとは少し趣きが違うのですが、


*3色に限定することで、色重ねのおもしろさ、楽しさが端的に伝えられる、


*初日に作るメインオブジェが船


*魚は万国共通でイメージできるわりにはカタチも色も様々、

*そしてなんと言っても魚は

自力で海を越える可能性を秘めている!


直感で閃いた画題でしたが、

日を追うごとに今回の趣旨にぴったりやん!と自画自賛(笑)



渡米に先がけ、各教室で3色の魚を募集したところ

最初はみな戸惑ってたけど

「描き始めたらとても楽しかった!」と

約1ヵ月で90尾を超す魚が集結!


これらを私が現地に持参、

それらを参考にNYで描いてもらって

それらをまた日本で紹介できたら


身近な画材、色鉛筆だからこその

草の根レベルの交流ができるのでは?


と密かに思っています。


現地での様子は、また、

ブログやフェイスブック、インスタグラム等で

ご紹介できたら、と思っていますので

どうぞお楽しみに・・・♪



それから、11月にはもうひとつ

恒例となりつつある

NHK厚生文化チャリティー展

が開催されます。


会期は、11/7〜13

7〜9は内覧会、10〜13が販売会(先着順)

会場は、名古屋三越栄店7階美術画廊

私は、新作版画を出品。

チャリティならではのお買い得価格で販売されますので

お近くの方は、お立ち寄りいただけたら幸いです。

(詳細は、個展情報のページをご参照ください)



そして帰国したら、まもなく

大阪北浜・ギャラリーアムリタでの個展が控えています。


個人ギャラリーならではの自由さで

ニューヨークでの体験をなにかしら活かした内容にできたらと思っていますので

こちらもどうぞお楽しみに・・・


12/15には、茶話会付きワークショップもやりますよ〜♪

お申込みは、アムリタへ。



では、晩秋、皆さまどうぞお元気で〜



2018.11.1


渡辺美香子

BACK ISSUE
(いままでの「今月の一枚」)

ホーム I 今月の一枚 I トピックス I 個展情報 I 作品紹介 I ショッピング
ハンガリー紀行 I プロフィール I リンク集 I メール

・画面の左に目次があらわれない時は下のバナーをクリックしてください・

(C) Mikako Watanabe. All Rights Reserved.禁無断転載
"Mikako's Small World" is Mikako Watanabe's homepage.